残業をすることで得られる喜び

IT企業で残業をする中で、エンジニアとしての本領発揮を促そうとする方がいることでしょう。
残業をすればする程、自分が磨かれていくような感覚を覚えるエンジニアがいると思い、ともすれば残業がアドレナリン生成の物質のように思えてくるかもしれません。
いかにも、IT業務を趣味として捉えているくらいにその業務をすることに誇りを抱いているエンジニアは、残業を趣味の延長だと捉えてそうであります。

だからこそ、残業を頼まれても嫌な顔一つすることなく黙々と仕事をしていくのではないかと考えられ、残業と共にある人生が光明をもたらすのだと信じているのが窺えるのです。
好きな仕事で残業ができるなんて、これ以上の幸せはないとおっしゃるエンジニアがいても不思議ではありません。
残業を最高の好物のようにして夜遅くまで仕事に没頭している可能性が大いに考えられます。
ともすれば、徹夜をしてでも残業をしたいと申し出るエンジニアがいらっしゃるかもしれませんし、その言葉を聞いた上司は、これ程までにITの仕事に深い探求心を持っている部下が居るなんて驚きだと感心するのではないかと思うのです。
 
連日残業をすることで、来月の給料明細書に残業代が高く付くことを期待しているIT技術者がいることでしょう。
残業代が高い程にIT企業で頑張っていることを褒め称えてくれているように感じていき、今後のIT業務をする上での原動力になっていくのであります。
残業代の高さがIT業務の経験値の高さを物語っているのです。

Leave a Reply

Required fields are marked *